会社案内

安全への取り組み

Gマーク制度(貨物自動車運送事業安全性評価事業)

 Gマーク制度とは、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会が、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業です。

 この貨物自動車運送事業安全性評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性の向上に対する意識を高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価・認定・公表する制度です。

 当社は2003年12月18日に「安全性優良事業所(Gマーク)」の認定を受けました。現在は4年に1度、更新審査を受けています。

この“G”の由来はGood「良い」とGlory「繁栄」の頭文字「G」を取ったものです。

基本理念

 安全確保を最優先し、全社で交通事故ゼロに取り組んでいます。

基本方針

1. 自動車運行の安全確保が最優先という認識に立つ。
2. 関係法令を遵守し、企業の社会的責任を果たします。
3. 事故・災害防止と安全リスクの低減に向けて安全管理活動を推進します。
4. 自動車運行の安全に関する情報については、社内で共有できるよう努めます。


ページの先頭へ戻る