CSR
  • HOME
  • CSR
  • 法令遵守への思い

法令遵守への思い

 社是「『和』の精神」に基づいた経営理念のもと、コンプライアンスの実践をCSRの一つと位置づけています。コンプライアンスの実践は、企業が社会的責任を果たし、社会から信頼される企業であり続けるために必要不可欠です。 高い倫理観を持ち、法令はもちろん、社会規範から社内規定、また、さまざまなルールやマナーを守りながら業務に取り組んでいます。

「フジトランスグループ行動規範」制定

 当社グループのコーポレート・ガバナンスの一環で「フジトランスグループ行動規範」を2016年4月に制定しました。この規範は、企業倫理を確立し、社会の信頼を得ることを目的に、役員および派遣社員を含む全社員に適用されます。

  • 行動基準
  • 環境の保全
  • 人権の尊重
  • 情報の処理
  • 事業活動
  • 社会との関係

クリア

AEO制度の導入

 貨物のセキュリティ管理とコンプライアンスの体制が整備された事業者として、2008年5月に特定保税承認制度の承認を受け、2010年11月にはAEO認定通関業者制度の認定を受けています。 これらの制度によって、税関手続きの利便性を向上させ、貨物のより迅速かつ円滑な取り引きを可能にしています。

AEO認定通関業者制度

 AEO認定通関業者は、輸入者の委託を受けた輸入貨物について貨物の引き取り後に納税申告を行うことや、輸出者の委託を受けて特定保税運送業者と連携することにより保税地域以外の場所にある貨物について輸出申告を行うことができます。

主な活動内容

勉強会の実施

 当社は関係法令を正しく理解し、誠実で公正な企業活動を継続するため、年間を通じてコンプライアンス勉強会を実施しています。業務への理解を深めるとともに、「法令」「規則」「モラル」の遵守に高い意識を持った企業となることを目的としています。

社内講師によるコンプライアンス教育

主な関係法令

クリア

コンプライアンス強化月間

 一人一人がコンプライアンスについて、日頃の行動を見つめ直す「コンプライアンス強化月間」を毎年9月・10月に設けています。期間中は、コンプライアンス資料の配布や各事業所への啓発ポスターの掲示により、意識の高揚を図ります。

ビジュアル教育で学ぶコンプライアンス

健康講話会・個別健康相談会

 労働安全衛生法に基づき従業員の健康を守ることは、企業の社会的責任の一つです。当社は2006年から、「健康教育の日」と称して外部から保健師を招き、健康講話会を毎月実施しています。個別健康相談会では、定期健康診断などで医師の所見があった人や長時間労働者などを対象に健康指導を行っています。

すぐにできるツボ押し体験

過重労働解消キャンペーン

 厚生労働省の「過重労働解消キャンペーン」に基づき、当社もこれに向けた取り組みを推進するため、ポスターを掲示し、啓発しています。時間残業・過重労働対策の一環として「ノー残業デー」の実施や計画的な「半日有給休暇」、「有給休暇」の取得促進を検討・実施しています。

ストレスチェック制度の導入

 2015年12月1日に労働安全衛生法が改正施行され、企業に対し「ストレスチェック制度」の実施が義務づけられました。当社も2016年4月に運用規則を制定、全社員を対象とした説明会を行い、ストレスチェックを実施しています。適正な制度運用を行い、メンタルヘルス不調者の減少に努めます。


  • HOME
  • CSR
  • 法令遵守への思い

ページの先頭へ戻る